僧帽弁閉鎖不全症,ポートアクセス手術,MICS手術,心臓弁膜症

インフルエンザなのか!

インフルエンザなのか!

この日は朝から痰がよく絡み、ちょっとだけ痛い症状がありました。

昼食後くらいから急に寒気がして熱っぽくなってきたのです。

あちゃーこれ完璧に風邪だよ。。。毎日イソジンでうがいしてたのになぁ。。。。

同僚が「インフルエンザじゃないの?」と脅してきたので、まさか~と思いつつも心配だったので会社を早退することに。

いつも行く病院が土曜日で休みだったので、総合病院の急患で診てもらいました。

待合ロビーは混んでいて、皆さん風邪なのかとても辛そうでした。

自分も、熱が38度近くもあり寒気もして、しんどかったです。

診察は、若い女性医師で症状を話すと「あーインフルエンザの可能性大ですね、念のため検査しときましょう」ということで、鼻に思いっきり綿棒を突っ込まれて結果を待つことに。

このとき先生が聴診器で、胸の音を聞いていたのですが、雑音のことは何も言われませんでしたね。

検査結果、インフルエンザは「陰性」ということに。

先生が「アーチスト錠」を服用してるようだけど不整脈でもあるの?と質問してきたので、9月に手術したことを説明すると、先生はもう1度、胸の音を聞かせてくれるかな?と言ってきました。

再びの聴診中に「雑音ってありますか?」って先生に聞いたら「ないですね」との返事が。

その言葉を聞いて、改めて手術をしていただいたK先生に感謝です。

この日は風邪薬をもらって帰ったのですが、弁膜症の患者さんの場合、もし熱が続くような時には、やはり早めに抗生物質を服用した方が良いみたいです。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional