僧帽弁閉鎖不全症,ポートアクセス手術,MICS手術,心臓弁膜症

久しぶりのエコー検査

久しぶりのエコー検査

昨夜、急患で近所の総合病院に行ってきました。とは言っても心臓絡みではありません。

前日に帰宅時に左上部付近でしょうか?鈍痛のような違和感がありました。

少し疲れ気味かな程度に考えていました。

その夜は軽めの晩酌(呑むのかい!)に夕飯を終えて早めに就寝することに。

しかし、深夜1時に突然目覚めベットから起き上がれないくらいに左上部背中付近に痛みが走ったのです!

これまで人生で経験したことのない痛みだったので、少し怖くなり近所の総合病院で急患で診てもらうことにしました。

急患の待合室ではかなり具合悪そうな表情をした女性がいました。もしかして待たされるのかな?とか思っていたら既に診察を終えていたようで直ぐに自分が呼ばれました。

先生に詳しく症状を伝えると「尿管結石、膵臓炎、最悪は大動脈解離の可能性があるね」とのこと。

うわっ!またこのパターンか・・まさか入院とかないだろうな。真っ先に心臓病の告知された時のことが脳裏をよぎりました。

真っ先に自分に可能性があるものを考えると酒かな?

ということは膵臓炎!いずれにせよ検査しなければ何もわかりません。

緊急で、血液検査、尿検査、血圧測定をすることになり、結果は30分後にわかるそうです。

さらに超音波検査が登場!腹部のエコー検査中に先生の視線が止まる度にドキッとしてしまいます。。。

そして全ての検査結果が出たのですが何も異常がないということなのです。

結局、緊急性はないということで胃薬と痛み止めを処方してもらい深夜3時過ぎに帰宅しました。

帰りに会計で5,000円もしたのですがあれだけ検査したので仕方ありません。あと久しぶりに血液検査が受けられたので良しとします。

帰宅後はまったく眠れず朝まで一睡もできませんでした。今朝もまだ痛みがあったので、思い切って仕事を休みブログを書いている所存です。

そう言えば血液検査の結果で普段引っかかる肝機能の数値がすべて平均値内だったのがちょっと嬉しかったです。

しかし、この痛みがいつまで続くのかちょっと心配です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional