僧帽弁閉鎖不全症,ポートアクセス手術,MICS手術,心臓弁膜症

1年毎の検査

1年毎の検査

大変ご無沙汰です。
でも安心してください!何事もなく生活しています)^o^(

早いもので1年毎の定期検査の時がやって来ました。

前回の検査では「若干の逆流あり」という診断となり「また手術するのかなぁ」なんて不安な気持ちになってしまっていたのですが、逆流が増えていないことを祈るばかりです。

久しぶりのT大学病院ですが、相変わらず混雑した1階の受付を済ませて、そのまま4階の心エコーの検査室に向かいます。

到着すると直ぐに名前が呼ばれ、いよいよ真っ暗闇の検査室へGO!!

いつも寝ているだけなのですが、なぜか緊張するものです。

約30分くらいで心エコーが無事終了。あとは先生から結果を聞くだけですね。

今年を思い返せば、スポーツジムへ通い「軽い筋トレ」「30分程度のジョギング」、食生活では「糖質制限ダイエット」と言った感じの生活でした。

気になるのが軽い筋トレとジョギングです。

運動すれば少なかれ血圧や心拍数が上がり、心臓弁に負担がかかります。

その事を考えたら途中で不安になり、一旦中止することに....

ちょうどダイエット成果が現れはじめてきたのですが、運動をやめた途端に少し太っちゃいましたね。

さて、次は診察です。

予定の予約時間から1時間遅れでやっと自分の順番です(・_;)

どうやら急患の診察が入ったようでした。

1年振りに心エコーの画像(動画)を見ながら、先生はマイルド?の逆流があるけど軽度だから大丈夫だよ。「問題ないね」の一言をいただきやした!(^^)!

1年前と逆流量を比べても、あまり変わりはないとのことでした。

と言うことは、筋トレやジョンギングの影響はなかったことになります。

念の為、先生にジムとかで軽い運動とかしても大丈夫ですか?と質問したところ、前回も言われましたが「極端に重たいものを持って、急激に力むようなことはなるべく避ける」とのこと。

筋トレでも重いもの持ったりするんだけどなぁ~とか思いながらも1年後の予約をもらって帰ることに。

しかし、直ぐに再手術などという最悪なパターンは避けられたので一安心です♪

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional